ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 感染症 > 豊岡健康福祉事務所感染症発生動向調査週報

更新日:2024年7月12日

ここから本文です。

豊岡健康福祉事務所感染症発生動向調査週報

このページは感染症発生動向調査事業に基づき、豊岡健康福祉事務所管内(豊岡市・香美町・新温泉町)を中心とした地域の感染症の発生状況を毎週情報提供し、感染予防についての注意喚起を行っています。

2024年第27週(7月1日~7月7日)の管内の感染症発生動向情報をお送りします

今週のcontents

1.定点把握感染症について「定点あたり報告数の多い感染症」

2.手足口病の警報レベルが継続しています

3.マダニ媒介感染症について

1定点把握感染症について「定点あたり報告数の多い感染症」


順位


感染症

定点あたり報告数


増減

27週

26週

1

手足口病

15.0

13.2

↑増加

2

COVID-19

9.63

6.63

↑増加

3

感染性胃腸炎

4.2

4.8

↓減少

4

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎

2.0

1.4

↑増加
5 ヘルパンギーナ 1.0 2.0

↓減少

 

2手足口病の警報レベルが継続しています

  • 今週、管内定点あたりの患者数は15.0人(先週13.2人)と増加し警報レベル(開始基準値5人)が継続しています。
  • 手足口病は口の中や、手足などに水疱性の発疹が出るウイルス感染によって起こる感染症です。子どもを中心に主に夏に流行します。
  • 感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)で、潜伏期間は3~5日です。
  • 症状は口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。発熱はあまり高くならないことがほとんどで数日間のうちに治る病気です。
  • 手足口病には有効なワクチンも特効薬もなく、症状に応じた対症療法となります。
  • 長期間、便中にウイルスが排泄されるため、症状が消失した患者も2~4週間は感染源になることがあります。
  • 予防としては有症状時の接触予防策および飛まつ予防策が大切で、特に手洗いは重要です。
  • 保育施設などの乳幼児の集団生活で感染を広げないためには、手洗いの徹底とおむつ交換時には、排泄物の適切な処理をお願いします。また、タオルの共用はやめましょう。

【関連ページ】

厚生労働省HP

  • 手足口病に関するQ&A

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/hfmd.html(外部サイトへリンク)

 

3ダニ媒介感染症について

  • ダニ媒介感染症とは病原体を保有する、マダニ等に咬まれることによって発症する感染症のことです。
  • 豊岡健康福祉事務所管内で確認されているダニ媒介感染症には「日本紅斑熱」「つつが虫病」「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」があります。
  • 夏はマダニが活発に活動する季節のため、マダニ等が媒介する感染症に注意が必要です。感染を予防するためには、草むらや藪など、マダニが多く生息する場所に入る場合は、長袖・長ズボン(シャツの裾はズボンの中に、ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる)、足を完全に覆う靴(サンダル等は避ける)、帽子、手袋を着用し、首にタオルを巻く等、肌の露出を少なくし、服は明るい色のもの(マダニを目視で確認しやすい)を着用しましょう。
  • ディートやイカリジンの成分を含む虫よけスプレーも用法、用量を守って上手に使いましょう。
  • マダニの多くは、ヒトや動物に取り付くと、皮膚にしっかりと口器を突き刺し、長時間(数日から、長いものは10日間以上)吸血しますが、咬まれたことに気がつかない場合も多いと言われているので、活動後は入浴し、マダニに咬まれていないか確認して下さい。特にわきの下、足の付け根、手首、膝の裏、胸の下、頭部(髪の毛の中)などがポイントです。
  • 吸血中のマダニに気づいた時は、医療機関(皮膚科)で処置をしてもらってください。
  • マダニに咬まれた後は2週間程度、体調の変化に注意し、発熱等の症状が認められた場合は医療機関にマダニに咬まれたことを伝え診察を受けて下さい。

【関連ページ】

厚生労働省HP

  • ダニ媒介感染症

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000137555_00003.html(外部サイトへリンク)

 

グラフ・データで見る管内の感染症情報(2024年27週)

小児科定点(グラフ)インフルエンザ定点(グラフ)(PDF:517KB)

兵庫県保健所別データ(PDF:35KB)

兵庫県感染症発生動向調査週報(PDF:447KB)

お問い合わせ

部署名:但馬県民局 豊岡健康福祉事務所

電話:0796-26-3654

FAX:0796-24-4410

Eメール:toyookakf@pref.hyogo.lg.jp